雨と放射能、罪な会話

ず〜〜〜っと雨が続いています。

洗濯物が、乾かないこと、乾かないこと‥。

 

うちには乾燥機がないので、コインランドリーの乾燥機を利用しないと、困ったことになります。自宅の近くにコインランドリーが何店舗かあるのですが、最近、何回か利用してみたところ、どのお店も、多分、史上最大?に、混んでいる!と思いました。乾燥機の前で、順番待ちしている人もいました。

 

不思議と、私が行く時には、乾燥機が最後の一つだけ、空いているのです。昼間は、お祈りしてから行きました。本当に間一髪の差で、待つことになるところでした。夜は、空いているだろうとお祈りせずに行きましたが、意外に混んでいて、もしかして、全部使用中!?と思ったら、最後の一つだけ空いていました。もし全部使用中だったら、せっかく行ったけれど閉店になるところでした。こんな時、やっぱり神様を感じます。

 

どうしてかというと、以前の私は、ついてない、うまくいかないことだらけだったからです(!)。例えば、発熱してしんどい時、友人が子ども達を預かってくれることになり、待ち合わせ場所に車を停めていたら、横から別の車がバックしてきて、運転席横にぶつけられました(!)。その後、車を運転していた年配の女性と話したり保険屋さんに電話したりで、休めるはずの時間を全部奪われることに‥。とか、渋滞で停車中、ドン!と音がして、えっと思ったら、スマホを見ながら自転車に乗っていた男性が、うちの車にぶつかっていた音だった、とか‥(その男性は、車に傷をつけたに関わらず、ごめんなさい!と言って、そのまま逃げてしまいました。渋滞中だったので追いかけられず‥)。数ある車の中で、うちだけにぶつかるって、すごいな〜、運悪いな〜って思っていました。とか、思い出すと色々あります。

神様に出会った後は、何か、ことがスムーズに行くことが増えたと感じています。自分が得をするために信仰しているわけではありませんけれど‥。

 

話は変わりますが、雨が降っても、うちの子たちと私は、傘をさすのが面倒で、結構な距離を、走って済ませてしまったりすることがあります。今日、ふと思い出したのですが、放射能による被曝を恐れていた頃は、雨がものすご〜〜〜〜く恐怖で、とにかく雨に濡れないようにしていたのです!ひどい時は、雨の日は幼稚園を休ませたりしていたんですよね‥。雨が降った後のプールも心配でした。もちろん、私の周りの避難、移住者も雨を避けていました。

 

でも、本当に矛盾していると思うんですけど、その『放射能が混じっているかもしれない、危険な、濡れることをできるだけ避けている』雨が降った土地でできたお米や野菜を、避難・移住者は安全だと言って食べているんですよね。また、冬になると、雪山に行って雪を食べたとか、そりをしたとか、聞きました。あの頃の私は、雪を食べるなんてとんでもない、雪と戯れたら、被曝するのでは、とか思っていましたが‥。

 

とにかく、雨すら怖がっていたあの日々とは、すっかり違うんだなあ‥としみじみ今日思いました。傘なしで、キャーキャー言いながら、雨の中走って楽しんでいる子ども達を見ると、本当にしみじみと、幸せだな、放射能の恐怖から解放されて良かった!!!って思います。

 

それと、また話は変わりますが、神様に出会う前の、友人との会話の内容ですが、思い返すと、本当に、「心配」「悩み」「人の噂話」‥などなどの、罪な会話ばっかりだったなぁ‥としみじみ感じました。それは、放射能への恐れとか以前に、そうだったんです。私はそんなことに人生の長〜い時間を使ってきたのだなと。恐ろしい‥。

世の中では、心の悩みを解決するために、友達に相談したり、心療内科とか、カウンセリングとか、何やら色々ありますが、その時に、友人や先生とする会話自体、心配や悩みばっかりなんですから、悪魔・悪霊が喜んで寄ってくることでしょうね。

悪魔・悪霊と戦う方法を学ばない限り、延々と食い物にされてしまいます。心配、悩みが尽きない方、RAPTさんのブログの有料記事は、本当におすすめです!

 

RAPTさんのブログから導かれる世界、そして聖書の世界は、本当に、別世界です!!!

今、意気消沈している人も、元気百倍、生きる希望と喜びに溢れます!

 

一人でも多くの人が、RAPTさんのブログに出会い、そして唯一絶対の神様に出会えますように。