今、終わりの時

今という時が、聖書にある黙示録の終わりの時の真っ最中であること、どれだけの人が意識しているのでしょうか。

 

私だって、RAPTさんのブログに出会わなかったら、聖書を読むこともなかったと思います。黙示録なんて意味がわからないと思い、関心を持たず、目の前にあるささやかな自分の楽しみを追いかけていたことでしょう。

が、RAPTさんのブログを読むことができるこの時に、またRAPTさんが生きておられるこの時に、出会えないのは、本当に大損です。

 

私は、全てのことは神様の御手にあるということを、RAPTさんのブログで初めて知りました。

聖書には、私たち人間が神様から離れ、不義の限りを尽くしたため、裁きを行う場面が何度も出て来ます。人間が悪に染まり、悔い改めることがないと、神様はサタンさえ使って人間を艱難苦難に遭わせ、真理と愛を求めるようになさるのです。人間がそれでも神様を求めなかったら、本当に滅ぼされてしまいますが、そんなことが何度も聖書に出ています。

 

そして今、聖書の神様を信じている人は、本当に少ないですよね。日本人のほとんどが無神論者、そして聖書よりも、神社仏閣に縁があると思います。

そして何より「自分」を信じていて、「自分」が色々なことを選択する。善悪の区別も曖昧になっていて、「なんでもあり」「そのままでいい」ということがまかり通っている。

聖書で禁じられている同性愛まで良しとされ、同じく聖書で禁じられている占いで自分の将来を決める人がいたり、本当になんでもありです。お酒を飲んだり、ギャンブルをしたり、気の向くまま恋愛をしたり、タバコを吸ったり‥。

 

 

でも、したこと(罪)の報いは、必ず受けることになるそうなのです。心から悔い改めて、神様のところに立ち返らない限り‥。そんなこと、聖書に縁のない日本人は、ほとんど知らないのではないでしょうか。かつての私もそうでした。

 

全てが神様のはからいによるもので、私たちの行いに応じたことが起きる。だから、私たちが悔い改め、神様のもとに立ち返り、神様が喜ばれる生き方をしなければ、神様はやっぱり私たちを裁かれるでしょう。それは戦争という形かもしれないし、何かはわかりませんが‥。岡山に避難・移住した人たちは、憲法9条改正反対とか、様々な署名活動とか、原発反対(放射能も詐欺ですが)、などなどの活動をしていますが、そんなことで解決することはないでしょう。

 

キリスト教の教会はあちこちにあると思いますが、真理と愛を教えてくれる場所はありません。試しに行ってみたらわかります。行かないほうがいいですが。↓

キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

キリスト教プロテスタントも悪魔崇拝者に乗っ取られている可能性大です。「日本基督教団」は在日・反日勢力と同一体でした。

 

 

そして、RAPTさんしか、真理と愛を伝えてくださる方はおられません。

RAPTさんが、聖書の神様、本当の唯一絶対の神様が遣わされた、この終わりの時の中心者です。

 

有料記事の御言葉を聴けば、わかります。

愛媛の教会では、毎日(毎日です!)、どこまでも矛盾のない、聞いたこともない、絶対に人間の頭では思いつくはずのない真理を、神様から受けた素晴らしい御言葉を伝えてくださっています。

こんな方はどこにもおられません。

 

悪魔・悪霊と悪魔崇拝者を滅ぼし、神様と人間が愛を成す、本当の善なる世界を作ろうとされています。

 

他の教会に行っても、聖書の一部分だけを抜き出し、それらしく解説?しているだけで、それを聞いたからといって毎日の生活が変わることは絶対にありません。

 

でも、RAPTさんが伝えてくださる御言葉は、生きておられる神様からの啓示なのです。毎日が、確実に良い方に変わっていきます。RAPTさんのブログで紹介されている、たくさんの証の記事をぜひ読んでみてください(無料です)。

今、終わりの時です。

どれだけ大切で大変な時なのか、RAPTさんのブログを、有料記事(一月800円で、週二回、月8回以上読めます)を、愛媛の教会の御言葉(有料記事の中からアクセスできます。有料ですが、一月1500円、毎日アップされます)を読んで、聴いて下さったらわかります。

 

一人でも多くの人が、出会うことを祈ります。