「年を取れば誰もが病気になる」の嘘

お年寄りと関わる仕事をしばらくしていました。

ご老人との会話の中で、いつも、ご自分が歳をとって体が思うように動かないこと、何かしら病を抱えていて、それを嘆く内容をよく耳にしました。

で、大抵、会話の締めくくりは、「順番だから、いつかは誰もが病気になるよ」「歳をとったら、みんな誰かの世話になるんだよ」‥のような展開が多かったと思います。

お年寄り同士で話をされていて、ご自身が衰えていくことを嘆き、これから死に向かっていくことが会話のテーマになっていて、その場に座している皆さんがものすごい暗い雰囲気になっていっていることに気づいて、慌てたこともあります。

 

 

いつもそんな会話ばかりではなく、ご老人同士お互い冗談を言い合ったり、明るい雰囲気の方が多かったですが、突き詰めるとごまかしでしかなく、人生の終わりってこんなことになるのか‥と愕然とし、虚しく思っていました。

だんだん頭がボケてくれば、生活動作も出来なくなり、在宅生活が厳しくなり‥。家族が家で世話をするのが難しければ、施設に入ったり、病院に入院することになったり。

 

歳をとったら、誰もが病気になる。当たり前のように、そう思っていました。信仰を与えられる前は。

 

信仰を与えられた今は、頭脳が正常に働かなくなること、病になること‥それは、ただただ、神様から離れた生き方をしているからだ、と思うようになりました。

 

本当の神様に出会う前、私は様々な健康法や健康になれるという商品などを試してきましたが、健康にはなりませんでした。

マクロビオティック、ホメオパシー、ナチュラルハイジーン、野口整体、鍼、食べ物はオーガニックか自然農法のもの、水も買い、また被爆対策になるという、あらゆる商品などなど‥。

それらが全部、嘘偽りであること、RAPT さんのブログの記事で明らかにされています。例えば↓

RAPT×読者対談〈第87弾〉過剰な健康・環境ブームも悪魔崇拝から始まった詐欺目的のデタラメ話。

 

そもそも、聖書を知らず、本当の神様から離れているということは、悪魔と悪霊が寄り付いてきているということです。信仰を持ってから、悪魔、悪霊との戦いが始まりますが、神様を知らなければ、戦うことも知らないわけですから、気がつかないうちに、悪魔・悪霊から悪い考えを受けて心が苦しくなったり、肩に重いものが乗っているような状態だったり、やられ放題です。神様に出会っていなかったら、悪魔・悪霊からの影響は免れられないのです。

(クリスチャンでも、聖書に出てくるヨブのように、試練として病になることもありますが)

 

小さい頃から、病気になれば病院に行き、歳をとったら病気になるのが当たり前と思わされていて‥。健康になるための情報はたくさん溢れているけれど、何をやっても本当に健康にはなれない。

RAPTさんのブログの一般記事では、健康情報の嘘について明らかにされていますが、最近の有料記事、特に、愛媛の教会で行われている礼拝の御言葉では、どうしたら肉体が健康になれるかについて、出ています。(有料記事は最初からお読みになることをお勧めします)

年を取っても、頭もボケないし、健康でいられる教えがあるなんて、希望満載です!

しかも、お金もかかりません。愛媛の教会の礼拝の御言葉を聴くには、一月1500円かかりますが、ほぼ毎日アップされますから、ただも同然です。

 

また、以前は、私は疲れたり眠くなったりしたら、休まなければ、という考えだったのですが、神様の世界ではまるで間違っていました。それはこちらに出ています。本当に目からウロコです。私はこの記事の音声を聞いているだけで、体が軽くなりました。

RAPT有料記事121(2016年11月19日)勤勉と安息と主の祝祭。そして千年王国における真の幸福感。

こちらもお勧めです↓

RAPT有料記事163(2017年4月15日)人間は神様の御言葉によってプログラムされ、聖霊という電磁波によって動く超精密なコンピューターだ。

幼い頃、イエス様の伝記を読んだ時、イエス様が病を治されたのを読んで、最高にびっくりしたものですが、今なら、そうだったのか‥としみじみ、思います。

 

歳をとるにつれ、死に向かい、希望のない人生を送るか、それとも本当の希望と喜びの人生を送るか‥RAPTさんのブログに出会うかどうかで、本当に大きな違いです。

一人でも多くの方が、本当の神様に出会うことができますように。