苦しい時に心を立て直すには

その昔、宗教を毛嫌いしていた私は、宗教って、悩んだり苦しんだりしている人が、どこにも行き場がなくて、すがりつくもののようなイメージがありました。怪しい、ぼったくられる、危ない、カルト、排他的‥。とにかく、マイナスイメージしかありませんでした。自分で悩みを解決できない人が、すがるもの、弱い人が行く場所、そんな風にも感じていました。

 

ところが、長男が生まれ、1歳半を過ぎた頃から、どうも成長が普通とは違っていて、3歳前に自閉症と診断されてからは、悩みと苦しみの中にどっぷり浸かることになりました。

それまで、色々な悩みがあったとしても、自分で何とか解決方法を探し、ひねり出して、あるいは妥協して、それで済んでいたのに、自分ではどうしても解決できない、どうしたらいいのか全くわからない悩み苦しみが出来てしまったのです。

いつも心の中のどこかに真っ黒い影があり、心から楽しいと思えることが全くなくなってしまっていました。

あちこちを彷徨って、悩みを解決しようとしてきましたが、どこにも希望を見出せませんでした。その辺りのことは、以前の記事に書きました。

 

そして、RAPTさんのブログに出会って、本当に、色んな意味で救われました。その上、唯一の神様に出会うことができ、生まれて初めて、本当の希望と喜びを知りました。またあれほど忌み嫌っていた宗教というものが、なくてはならないものだということを知りました(悪魔崇拝者=イルミナティが作った偽物の宗教は、一刻も早くなくなるべきですが)。

 

RAPTさんのブログの記事で強烈に心に残り、今でも読み返す記事は、昨日もご紹介した、以下のものです。

本当の自由とは。本当の幸福とは。悪魔の作った偽物の宗教に騙されないために幾つか知っておくべきこと。より

宗教を信じる目的は、奇跡を起こすことではありません。幸福になることでもありません。まして、自分の願いを叶えることでもなければ、自分の悩みを解消することでもありません。

はっきり言って、自分の徳を高めさえすれば、自然と幸福になれるし、自然と自分の願いも叶えられるし、自然と自分の悩みも解消することができます。

しかし、人々はそこのところがよく分かっていません。そのため、先ず最初に幸福を手に入れようとし、欲望を満たそうとし、悩みを解消しようとしますが、そんなことだから、いつまで経ってもかえって何も得られずに苦しみつづけることになるのです。

では、徳を高めるとはどういうことなのか。一言で言うなら、それは「完全な人になる」ということです。

 

上記の、「宗教を信じる目的は、奇跡を起こすことではありません。幸福になることでもありません。まして、自分の願いを叶えることでもなければ、自分の悩みを解消することでもありません。

はっきり言って、自分の徳を高めさえすれば、自然と幸福になれるし、自然と自分の願いも叶えられるし、自然と自分の悩みも解消することができます。

という部分、今でも何回も読み直します。というのは、私の場合、「悩みを解消する」ことばかりに心が行ってしまうことがあるからです。特に、息子のことで苦しくなる時には。

以前の私の宗教に対する「悩む人が行く」イメージのせいなのか、あるいは、今まで散々、自分で悩みや問題の解決方法を探してきた習慣からなのか‥『悩みを解決したい』『いつも平安でいたい』ということばかりに気持ちが行ってしまうのです。

 

そんな気持ちになり、何かおかしい、変だなと思う時、苦しくなる時、上記の記事を読み直します。

 

最近、息子のことでまた苦しくなり、この記事を読み直したくなり、読んで、

そして、「悩み・苦しみ」に関することも、神様と悪魔は全然違うのだなと思いました。

悪魔崇拝者(イルミナティ)は、「悩み・苦しみ」を解決するために、色々なことを提供してきます。自閉症に関して言えば、様々な療育方法、薬、食品、カウンセリングetc.etc.‥。神様なしで、別のもので、自分の力で解決させるようにして、人間が神様から離れるように誘導します。

でも、解決することはありません。

神様は、まず自分を高めること、完全な人になるように(本当に完全になるには相当年月はかかるでしょうが‥)教えてくださり、導いてくださる。その結果、悩み、苦しみが解消して行く。

先日、息子の行動に悩まされ、苦しくなった時、お祈りしたら、自分の心が全く別物になっていました。同じことが起こっても、受け止め方が全く違うのです。心にダメージを受けないのです。嫌な感情が沸き起こって来ないのです。無理しているわけではなく、私の力ではなく、そうなったのです。神様は本当にすごい‥‥とまた改めて思い、ただただ感謝しました。

息子のことで困ることが起こると、その思いで頭がいっぱいになってしまことがあって、また上記の記事に書かれていることを心に刻まなければと思いました。

長い間、悪魔的な価値観で埋め尽くされた社会で生きてきたから、聖書の価値観が頭に染みていないのだなと気づかされました。

でも、聖書とは言っても、同じキリスト教の教会でさえも、RAPTさんのブログ記事にあるような、

宗教を信じる目的は、奇跡を起こすことではありません。幸福になることでもありません。まして、自分の願いを叶えることでもなければ、自分の悩みを解消することでもありません。

はっきり言って、自分の徳を高めさえすれば、自然と幸福になれるし、自然と自分の願いも叶えられるし、自然と自分の悩みも解消することができます。

なんて、教えてくれるところ、また宗教って、他にあるんでしょうか?

色々なところに行きましたが、既存のキリスト教の教会だって、こんなことは教えてくれません。自分の徳を高める、完全な人になるために、具体的にどうしたらいいか教えてくれるところも皆無だと思います。

RAPTさんのブログに出会えないのは、とてももったいない事だと思います。

 

RAPTさんのブログの有料記事は、たった一月800円、いいこと尽くめです!

苦しくなる時、何度も聴き直したくなる有料記事はこちらです。私が日常の煩いから、出て来られたのはこの御言葉です。特に、後半部分をいつも聴き直して心を立て直します。

RAPT有料記事126(2016年12月5日)捨てるべきものを捨てること、世界のために祈ることの重要性。

有料記事は、最初からお読みになることをお勧めします!特に2016年10月から後のものは、順にお読みになった方がいいと思います。

一人でも多くの人が、RAPT さんのブログに出会い、神様を愛する人生を与えられますように。