フェルトの簡単ロールケーキ

今日は、手芸を少しだけ、娘としました。本当に本当に簡単なものですが…

二色のフェルトを細長く切り、重ねてまいて、巻き終わりをボンドでとめる。その上に、葉っぱの形に切ったフェルトを貼る。そして100円ショップで買ったバラを貼り付けて、ロールケーキ。

娘のものは、ひももつけて、ストラップ?的にしました。

二色のフェルトをまいて、かたつむりにしたり、指輪にしたり、ペンダントにしたり、花瓶しきもできるそうです。

こちらの本に指輪などが載っています→こどものしゅげい

 

私が育った家庭は父子家庭で、家にミシンはあったけれど、父は、当然、裁縫関連は全くしませんでした。なので、私は小学校の家庭科で初めてミシンを使うことになり、本当に大変でした。

長い間、ミシンに対してとても苦手意識があったのですが、大人になって、説明書を読めば、できるものなんだな~と思いました。でも、やっぱり、裁縫が得意なお母さんがいる友人は、慣れていて、子どものワンピースとか色々作れるので、ちょっとうらやましくなります。

私が苦手だったので、下の娘が家庭科が嫌いにならないよう、少しずつでも色々取り組めたらなと思います。

 

 

先日、RAPTさんが一般記事を再開されました。

RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

この記事の中で、小林麻央さんの入院後の写真が、別人のように見えるとありましたが、私も、顔ってこんなにも変わるものなのかと疑問に思っていたので、納得してしまいました。本当に、明らかに、別人ですね。

私は職場で、小林麻央さんが亡くなったという報道の際の海老蔵の記者会見を見たのですが、職場の人たちは、何の疑問も持たずに、かわいそうに…と同情していました。

本当に、認識の違いって、凄まじいものがあります。

職場の人たちを見て、放射能には関心がなくても、癌についてはみんな少なからず恐怖を持っているんだな~と思いました。

かつては私も、新型インフルエンザに対して恐怖心を持ったり、放射能もしかり、散々振り回されました。

一人でも多くの人が、RAPTさんのブログに出会って真実に出会えますように。

原発・原爆の詐欺、癌利権について、世界中に広まりますように。