新しい世界へ

職場での私は、自分で言うのもおこがましいですが、どちらかと言えば、「よく働く」方だと思います。

だからなのか、大変なこと、みんなが嫌がる仕事が、毎日、私のところへ回ってきていました。もちろん、嫌なことを避けない人もいますが、少ないです。

私は職場のみんなの、そんなところを見るたびに、嫌な気持ちになりましたが、そんな不満を解消するかのように、今年から、ほんの少しだけ昇進させてもらっていました。

でも、それが、サタンのやり口だったんですね。

不平・不満を解消するために、地位を与える。

神様に頼って職場の問題を解決するのではなくて、与えられた地位に癒されて、まあいいかと流されていました(大した地位じゃありませんけどね)。

 

そして、

「お金」に対する偶像崇拝、

「社会的な地位」に対する偶像崇拝…

自分が、そういうものにより頼んでいたことに気づきました。

自分の中に、職場に対する情があり、そして「食べていけなくなる」という恐怖があったことにも気づきました。

 

そして、神様が、そこから解放してくださって、私の心は日に日に楽になっています。

 

 

この世は、常に恐怖に基づく支配構造にあると思います。

「この世のシステムに従わないと、食べていけなくなる」と思わされています。

そこから抜け出そうということで、「自然農」や、「シュタイナー」や、「太陽光発電で自家発電」などなど…があって、

お金を使わない暮らし、ミニマムな暮らし、そうすれば解決する、自由になる…などという考え方があり。

私もそんな中に浸かってきましたが、RAPTさんのブログに出会って、それらも全て新たなお金儲け、サタンの罠、そして本当の神様から私たちを引き離す術だと知りました。

 

 

RAPTさんは、私たちの個性と才能を使って、神様の喜ばれる、本当に新しい、善なる世界を作っていこうとしておられます。

 

一人でも多くの人が、RAPTさんのブログに出会い、神様の愛に出会い、自分の個性と才能を発揮できますように。

RAPT×読者対談〈第123弾〉個性豊かな才能あふれる人々を生み出す社会へ。

RAPT×読者対談〈第104弾〉誰でも世界を変えられる。