放射能から逃れるために、海外に行った人たち

私は、(ありもしない)放射能の被爆から逃れるために、岡山に来たわけですが、海外に移住してしまった人たちもいます。

岡山に移住したものの、体調が良くならないなどの理由で、岡山からニュージーランドに移住したり、ルーマニアに移住したりした人もいます。オーストラリア、またアメリカに行った人もいます。その行動力、ただただすごいな…と驚きます。

 

かくいう私も、2011年から2012年くらいの間は、「日本はこのままだと放射能で汚染されるばかりだから、海外に行きたい」と真剣に考えていました。今振り返ると、本当に愚かですが…。

 

2011年あたりは、海外へ避難・移住のための支援を盛んに呼びかけている人たちがいて、ツイッターでそういった情報が流れていました。

バリ、マレーシア、タイ、ニュージーランド、フィリピン、カナダ…色々な国から、移住した人たちの情報が流れていました。

 

私は中でも、バリに惹かれていました。

母子で避難している人たちが何組がいて、中でも、私の子ども達と同じ年のお子さんがいるお母さんがいました。また、アパートを探してくれる等、サポートをしてくれる人たちがいたのです。確か、避難・移住支援をしているグループ(岡山ほど大きくはないと思いますが)が二つくらいはありました。移住のためのサイトもありました。

バリに移住した、私の子ども達と同じ年のお子さんがいらっしゃる方は、一旦西日本に避難したものの、西日本で買い替えたばかりの新車を売り払い、バリに移住したそうです。

その方は、新車に、放射性物質がついていると思い込み、危険だからと売り払ったのです。

バリに移住するためのお手伝いをボランティアでしている方のサイトには、日本から着てきた衣類は全部処分してもらうようお願いしている、といった注意書きもありました。

放射性物質が衣類についていると思っているからですね。

 

時々ツイッターを見ますが、変わらず、海外に移住したままの方たちがいるんだな…と驚きます。中には、滞在している国が変わっている人も少なくないです。

 

この方たちが、RAPTさんのブログに出会うことを願っています。

 

そういえば、かなり前のことですが、放射性物質に対する恐怖を煽っている木下黄太氏のブログで、アメリカ西海岸の人が、避難・移住しているという記事がありました。偏西風で、福島からの放射性物質が、アメリカ西海岸を汚染していると言うのです。

私は以前、木下黄太氏に、大阪で「汚染」地の瓦礫焼却が始まる前、電話相談をしたことがあります。岡山と大阪は近いし、恐ろしい、海外に避難したいと話す私に対し、彼はイライラと怒っている様子でした。

「風はあっちこっちに向くんだから、放射性物質なんてどこかに行ってしまう」

「数万人単位の被害なら本気になるけれど、1000人くらいの規模の被害には、そういう気持ちにならない」

「あなたはおかしい」

といったようなことを言われました。

非常に矛盾を感じました。1000人くらいの規模の被害には関心がないと。1000人いたら、重大なのではないでしょうか?(放射性物質自体が詐欺だったわけですが…。)

散々、放射性物質に汚染されたものは焼却してはいけないとブログで言っておきながら、この発言には驚いてしまいました。

岡山に人を集めたかったのかなという気がします。

アメリカ西海岸の記事にも、ほとほと呆れてしまいます。アメリカ西海岸と福島の距離と、岡山と大阪の距離と、どちらが近いのでしょうか。アメリカ西海岸が偏西風で汚染されるなら、岡山だって大阪の瓦礫焼却で汚染されるはずではありませんか。

 

放射能に関することは、どこまでも矛盾しています。矛盾していること、どこかおかしいと感じることは、必ず嘘が混じっているのだと、RAPTさんのブログに出会って、やっとわかりました。放射能は、イルミナティの巨大な詐欺なのです。

 

 

原発、原爆がイルミナティの巨大な詐欺だと知ったら、どれだけ生活が楽になり、無駄な時間とエネルギー、お金を使わなくて済むか…。

それだけでなく、RAPTさんのブログでは、本当の神様に出会うことが出来るのですから、どれだけ幸福なことでしょう。

ぜひ、以下の記事をお読みください。

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?

RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。

RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。

RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。

RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。

RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。

RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。

RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)

RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)

RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。

RAPT×読者対談〈第99弾〉原発も水素自動車もその燃料はただの水と塩。

RAPTブログ読者の証言〈VOL.3〉 3.11の被曝回避のために大金をかけて岡山に移住し、余計に心身ともに破壊された40代女性。

 

RAPTさんのブログが、世界中に広まりますように。